売主が一戸建てを売却する場合には様々な費用や税金がかかってしまいます。

 

一戸建てを売る時に必要な費用

 

したがって売却額から諸経費や税金を差し引いたものが手元に残るお金ということになりますので売るためには計画的に進めていかなければなりません。

 

一般的に中古一戸建ての売却にかかる費用は媒介仲介手数料や売買契約書に貼付する収入印紙代、登記が必要な場合には登録免許税および司法書士報酬費用がかかります。また引っ越し費用や譲渡所得税などもかかります。

 

それぞれを見ていくと、媒介仲介手数料は売主や買主が不動産の仲介を依頼して売買契約が成立した場合不動産業者に対して成功報酬を支払う必要があります。手数料の上限額は売買価格の3.24%+64,800円で計算されるため売却額が大きくなるほど支払う仲介手数料は多くなります。しかし不動産業者を介さずに直接買主と売買契約を結ぶ場合は仲介手数料は必要ありません。

 

次に収入印紙代についてですが、売買契約が成立した場合契約書にはその記載金額に応じた額面の収入印紙を貼付しなければなりません。例えば1000万円〜5000万円以下の売買契約では10.000円分の収入印紙を用意する必要があります。登記とは 住宅などを購入して権利の変動があったときに法務局に対して登記の申請をしその内容は登記記録に記載されたうえで一般に公開されることをいい、中古住宅であれば建物と土地のどちらも所有権移転登記を行わなければなりません。この登記をする際にかかる費用が登録免許税です。

 

登記の手続きは司法書士により行われるため別途司法書士報酬費用がかかることななります。いざ売却先が決定すれば自宅の家財道具を整理しなければならず長年居住していた場合には荷物も多いため引っ越し費用も高くなってしまいます。譲渡所得税は不動産を売却し譲渡益が出た場合に譲渡益に対して所得税や住民税を支払うものです。このように一戸建てを売却するためには様々な費用を負担しなければならないことを理解しておく必要があります。