不動産投資の頭金・資金調達についての知識

マンションやアパートなどの不動産投資によって不労所得を得たいという場合には、どのくらいの頭金が必要になってくるのでしょうか?通常、頭金になるのは、購入したい物件の1割程度は最低限必要と言われています。

 

もちろん、多ければ多いほど、後の金融機関からの融資は受けやすくなっていきます。理想としては、物件の2〜3割の頭金が理想ですが、少なくとも1割の頭金は、何としてもご自身の手元資金として用意をしましょう。例えば、3,000円万円の不動産を購入したい場合には、最低限300万円の現金が必要となります。残りについては、金融機関で融資を得る必要が出てきますので、まず頭金がなければ、融資をしてもらうことができません。アパート1棟買いという場合には、建物と土地の両方に価値がありますので、融資の面では有利と言えるでしょう。

 

できるだけ、立地条件の良い、構造がしっかりした築浅の物件の方が融資を受けやすくなってきます。しかし、一番大切なことは、賃貸管理をしていくうえで、「空き」が出にくいという場所であることが大切です。どんなに優れた物件であっても、入居希望者を得られないような立地では、融資をしてもらいにくくなりますし、どんなにボロの木造アパートであっても、大学が目の前にあるなどという立地条件では、必然的に入居者が途切れることがないでしょう。

 

このように、全体のバランスを見ながら物件を目利きしていくことも、賢く資金調達していくうえでは、必要となってきます。金融機関から融資を受ける時には、きちんとした身なりで出向き、漏れなく資料を準備しておくようにしましょう。大まかな融資の流れは、 金融機関に融資の申し出たうえで、必要な書類や資料を提出をします。

 

金融機関で、あなたに対する審査が開始され、融資決定の報告を受けます。金銭消費貸借契約や抵当権設定契約、団体信用保証保険の締結を行います。その後に、融資が実行されるという流れになります。