不動産投資で節税?

不動産投資では、通常不動産を購入してそれを賃貸して賃料の収益をえることになります。潤沢な資金があれば、現金で購入して賃料の収益をえることもできますが、よくあるタイプの不動産投資では不動産を住宅ローンを組んで購入して、それを賃貸して賃料の収益を得るパターンになります。この場合には、実質の利益は賃貸賃料から月々の住宅ローンの返済金額や固定資産税や諸経費などのコストを引いたものがそれにあたります。

 

この利益が、プラスであればそれが所得と見なされて、税の申告では所得税の支払いをすることになります。ではその利益がなく、マイナスの場合にはどうなるかと言いますとこれは個人の業として負債になるので他の所得と総合して課税する際には、損金扱いになります。つまり他で収入で利益があってもこの損金でうめることできるので節税になります。一見してマイナスだから不動産投資としては儲かっていないから損にも見えますが、総合して課税していくと考えると実はかなり得です。

 

というのも不動産そのものは住宅ローンが完済すれば抵当権のない不動産になって取得できますので、実質的に税金も支払うことなく、返済が長ければ年月が多少かかりますがほぼ無償で不動産という資産を手に入れることができます。この不動産が債務を完済して抵当権が外れた段階になって、また違う不動産投資をするために他の不動産を購入する際には、前記の抵当権のない不動産と今回購入する不動産を共同担保として抵当権を設定すれば担保力も増すので、資金の借入がしやすいです。

 

このように不動産投資を行うに際には上手く借金をして表面的に損金算入できる状況にしておけば、節税にもなりかつ不動産という資産が増加していくことになります。
ただしこの不動産投資はあくまでも賃貸が充足して常に収益がないとできないものですが、この賃貸の充足をかなえやすい物件をよく吟味して不動産投資をすればリスクは回避は可能であるものといえます。