キャッシュフローの考え方

不動産投資のキャッシュフローの考え方は会社経営のキャッシュフローと同じです。家賃収入を売上と考え、ローン返済金額を借入金の返済。管理費を必要経費と考え手取り収入を計算します。家賃8万のマンションを10戸所有していれば月の収入は80万円です。経費が5万と考えればローン返済額が75万円を超えなければ利益は出るはずです。

 

キャッシュフロー自体は非常に簡単です。問題はローンの借入が可能かと毎月の返済額がいくらになるかです。また、空き室が発生しない立地も重要な条件になってきます。家賃収入が収入の全てですので空き室の期間は売上の無い期間になります。会社経営と同じで、空き室が発生している間は販促活動をすることになりますので、その間の経費も必要になってきます。

 

ビジネスモデル的には電話会社に似ています。入居者がいる間は家賃収入が継続して入ってきますので、借入金の返済額と経費を足した金額より家賃収入が高ければ収入はあがります。

 

不動産投資のビジネスモデルは簡単です。問題は資金調達ができるかどうかだけです。資金調達さえできれば、割と誰でもできるビジネスと言えます。ビジネスとして見れば不動産投資ほど単純なビジネスはないかもしれません。入居者さえいれば家賃が継続して入ってきて、入居者がいなければ販促活動を行い入居者を募る。それだけのことです。現金で資金が用意できれば一番いいのですが、なかなか難しいと思います。まずは、資金調達の方法を考えて、実行可能かの検討をすることから始めましょう。

 

サラリーマンの方でも副業としては最適かもしれません。不動産投資自体は経営者と同じですが、実質的には何もしない経営者です。管理会社に管理を委託し、不動産会社に入居者募集を委託すれば、数字だけ見てればいい楽な経営者になります。

 

リストラがいつあるか分からない時代ですからサラリーマンの方も副業として検討を初めてみるのもいいかと思います。