まずは不動産会社と媒介契約。

 

不動産を売却する時の不動産会社に選び方ってある?

 

マイホームの売却をする上で、不動産会社に依頼をする場合、媒介契約を結んで行う事になります。
媒介契約には複数の不動産会社と契約を交わすことが出来る一般媒介契約、契約を交わせるのは1社のみになる専任媒介契約や専任専属媒介契約と言った3つの種類が有ります。

 

また、不動産会社には大手の企業も在れば、地元に強い地域密着型の営業スタイルを持つ会社も在り、どのような会社に依頼をするのか、媒介契約はどの契約スタイルで交わせば良いのかを決める事が大切です。

 

大手の会社と地元に強い地域密着型の営業スタイル持つ会社の大きな違いは何処に在るのかを把握しておくことも売却を行う上でのポイントになります。

 

不動産会社は、レインズと呼ばれている物件情報データベースを利用して、情報の共有化を行っていますが、媒介契約の種類により登録義務がありますが、必ずしも登録が行われることは在りません。

 

例えば、専任媒介契約や専任専属媒介契約と言うのは、売主の物件情報を1週間や2週間以内に登録する事が義務付けされていますが、一般媒介契約の場合は、登録は任意となっているため、必ずしも登録が行われる事は無いと言う違いが在ります。

 

また、大手の会社の場合、必ずしも専任媒介契約と言った契約方法ではなく、一般媒介契約の契約スタイルで売却を考える人も多いと言われています。

 

その点、地域密着型の営業スタイルを持つ会社と言うのは、売り物件を探している地域に住む人々からの依頼を受けているケースが多く、新しい物件が見つかった時などは、依頼者に直接連絡をするなど、きめ細やかな顧客サービスを行っているケースが多いと言った違いが在ります。

 

そのため、地元でマイホームなどを探したいと言った場合には、地域に詳しい地元の不動産会社を利用し、住んでいる地域とは異なるエリアの物件を探す場合は、広範囲の営業エリアを持つ大手の会社を選ぶと言ったケースが多く在るなど、購入する側における会社選びのポイントが在ります。