自宅を売却しようと決意したら、まずは不動産会社と媒介契約を結びます。

 

不動産会社が自宅売却のためにする販促活動について

 

そして売却を依頼された不動産会社は、その家を売るための広告活動をします。では、具体的にどんな広告活動をするのかはご存知ですか。それはいくつか挙げられます。

 

まず1番重要な広告活動が、レインズへの登録です。レインズとは不動産流通機構という意味で、不動産業者相互間の不動産物件情報交換システムのことです。レインズに登録すると、日本中の不動産会社にその物件の情報が配信されます。そのため、契約を結んだ不動産会社以外の不動産会社にも、その物件の情報を広く知ってもらえるので、大変意義のある重要な広告活動です。

 

そして、次に重要な広告活動がインターネットです。これは、例えば、自分たちの不動産会社のサイトに掲載したり、それ以外の不動産物件情報を取り扱っているサイトに掲載したりするものです。インターネットは、現在最も手軽で、最も広い範囲まで情報発信できる大変有効な手段です。どれだけ上手くインターネットを利用した広告活動ができたかによっても、売れ行きは変わってきます。

 

そして次は、郵便による広告活動です。これは例えば、新聞の折り込み広告や、各家庭の郵便ポストへのチラシのポスティングなどです。これは、その地域のすべての家庭に配られます。実際に物件を探している人以外の、あまり物件に興味の無かった人や、そもそも家探しをしてない人まで、まんべんなく宣伝ができるので、興味の無かった人にも自宅のことを知ってもらうという意味では、有意義な広告活動です。そして最後が、店頭での広告活動です。

 

これは不動産会社の店頭で、来店したお客さんに物件情報を提示するものです。不動産会社の窓ガラスにチラシが貼ってあるのも同様です。このように、いくつかの広告活動を紹介してきましたが、大切な自宅を売却する側としては、自分の家の情報が実際にどんなふうに扱われるのかを、ちゃんと把握しておくことは大変重要です。