不動産投資をするときに新築物件と中古物件とはよく迷うことのあるものです。

新築物件は人気が高いですから、入居率といったものはいいように感じますし、利回りや収益性といったものを考えれば中古物件が魅力的となってきます。ですから、どちらがいいかというと、決まってくるのは購入費用がいくらになるのかといったことが大きな問題となります。新築物件でも購入費用が高ければ、それは不動産投資としては向かないといったこともあるでしょう。もちろん中古物件でも購入費用が高ければ魅力はそれだけ下がるといっていいでしょう。

 

ただ、不動産投資をするときに考えておかなければならないことは、不動産投資というのは長期的な視点が大切ということです。つまり長期的に安定して入居者を確保できるものが投資の条件と考える必要があります。入居者が見ているのは物件の魅力もありますが、賃料などの料金といったものも厳格に見ています。ある賃料では魅力的ではなくても賃料が下がればとても魅力的になるというのはわかるでしょう。不動産というのは高い値段では買い手はつきませんが安くすればそのうち買い手が出てきます。このことをみても不動産が魅力的かどうかは価格といったものが大きく関わっていることがわかります。

 

そのようなことを考えれば、新築物件であれ、中古物件であれ大切なことはいかに物件を安く入手する事が出来るかが大切なことだといえます。安く入手することが出来れば、入居者が現れないときに賃料を下げるといったようなことが出来るのです。こういったことが出来る物件が不動産投資をするのに向いているわけです。

 

このことが分かれば、物件が新築か中古かといったことよりも物件の購入費用といったものが大切になってくることがわかります。また、新築といったものは翌年には中古となるといったことも考えておくべきです。新築物件を見るとその物件に惚れてしまうといったことがよくありますから、これには注意をしておくべきです。