机上査定と訪問査定

 

『土地・不動産の売却価格を知る方法』土地売却前にチェック!

 

あなたが所有する土地を売りたいと考えたとします。しかしなかなか仕事が忙しくて、そのための時間が取れません。でもとりあえず、この土地の価格が現在いくらぐらいなのか知りたいと思っています。そんな時、土地を実際には見ないで査定してもらうことが可能です。

 

それは、机上査定と訪問査定の2種類が存在するためです。

 

机上査定とは、実際に物件を見ないで価格を算出する簡易的なものです。その物件の種類と所在地と土地の面積、そして道路の幅員と売却予定日などの情報を、その不動産会社にしっかりと伝えておけば、実際に訪問しなくても調べてもらえます。インターネットで申し込めば、それだけで調べてもらうことも可能です。もしかしたら、それだけの情報でどうやって調べるのか、ちゃんと正確に割り出せるのかと不安になるかもしれません。しかし、実際はそれだけではなく、市場の動向や、過去の売却取引事例や、周辺のその他の売り出し事例などの情報を基に算出されます。ただし、あくまでも大まかなものです。

 

それに対し、訪問査定は、実際に土地を見に行って算出するものです。こちらはその土地の立地条件、例えば駅からの距離や周辺環境などや、道路状況などを実際に見て確認します。そのため、机上査定よりもさらに詳しく精密に見てもらえます。このように、実際に見ないで査定してもらうことは可能ですが、それはだいたいの目安とも言うべきものです。さらに正確に知りたいのなら、もし可能なら訪問してもらった方が良いです。

 

ただし、土地の場合は、一戸建てやマンションと比べて、間取りや実際の建物の傷み具合や設備の有無などは関係ありません。もし、建物だったら実際に見て判断して変わる部分が大きいかもしれませんが、土地の場合はその辺の変更は少ないので、より机上査定に向いているとも言えます。ただし、とりあえずどのくらいの価値なのか、大まかな金額だけを知りたいという場合のものだと考えておいた方がいいかもしれません。

 

 

 

土地などの不動産を売却する時、仲介する不動産会社はもちろん重要です。

 

『土地・不動産の売却価格を知る方法』土地売却前にチェック!

 

しかしそれと同じくらい、もしくはそれ以上に重要なのが担当営業マンです。同じ不動産会社の営業マンであっても、Aさんが担当するとすぐ売れるのにBさんが担当するとなかなか売れない、ということが実際に起こります。当然売れる営業マンに担当してもらったほうが良いに決まっています。

 

まず査定の段階から差が出てきます。複数の会社に土地の査定を依頼したとしましょう。複数の査定が出てくるなかで、売主はここの会社は高く査定してくれた、あちらの会社は低い提示額だった、と思うでしょう。しかし正しくは、会社の査定ではなく営業マンの査定です。

 

取引量が多くない小さな不動産会社であれば、すべての査定を会社が行っていることもあります。しかし、実際に媒介契約を結ぶかどうかはともかくとして、査定の依頼は大変多いので、すべての査定を会社がしているわけではありません。担当営業マンに一任している不動産会社がほとんどであり、営業マンによって差が出てしまうのです。

 

Aさんが2000万円と査定したのに対し、Bさんは2300万円と査定したとしましょう。2300万円で売れればBさんに依頼して良かった、となりますが、相場よりも若干高い価格だったので売れ残るケースもあります。どんどん値を下げて、結果的に1980万円で売ることになるかもしれません。しかしAさんに依頼すれば、購入希望者が複数現れるでしょう。どうしても買いたい人は、2100万円払ってでも買いたいと考えます。査定額はAさんのほうが低くても、結果的に成約価格はAさんのほうが高くなります。

 

ではどうすればAさんのような良い営業マンに巡り会えるのか、答えは簡単です。豊富な知識と経験を持っている営業マンを見極めることです。いろいろな質問をしてみて、すぐに説得力のある回答を得られたら、その営業マンは優秀です。逆に言葉に詰まったり、すぐに上司に確認しますと言って一旦話を持ち帰る営業マンは、経験と知識が乏しいと判断して良いでしょう。

土地を売却しようか貸そうか迷った時、あなたならどうしますか。

 

『土地・不動産の売却価格を知る方法』土地売却前にチェック!

 

売却してまとまった金額を手に入れるのにも魅力的ですが、これから長い間賃料が入ってくるのにも魅かれます。しかし同時に、売ってしまったらもったいない気もしますが、賃貸も色々手続きが大変そうです。

 

こんなふうに、どちらが良いのか判断できないといった感じではないですか。

 

そこで、どちらが得なのかという判断をしてみますが、結論から言うと、それは売却の方が得です。その理由ですが、まず第一に手間も経費も掛かるという点です。いくら不動産会社が管理してくれると言っても、例えば家賃を滞納するなどのトラブルに悩まされるかもしれません。ある程度の知識も労力も必要です。そして、不動産を所有している以上固定資産税が掛かりますし、管理費も掛かります。

 

そして次に、常に借り手がついてるとは限らないということです。よほど立地条件が良い土地なら別ですが、逆にその周辺環境によっては、次の借り手がなかなか見つからないという事態にもなりかねません。しかしそんな時でも、固定資産税などの経費は払い続けなけらばならないのです。少子高齢化で人口が減っている時代です。年々住宅の空き家率も増加している今、土地も同様に次の借り手がなかなか見つからないかもしれません。

 

そして次に、不動産の価格は下がる可能性が高いという点です。よほど立地条件が良くない限りは、土地の価格は下がると見ていた方がいいです。もし将来その土地に家を建てるなど計画しているなら別ですが、そういう予定がないのなら、高いうちに売却した方が得だということです。

 

このように、総合的に見ても売却すべきです。賃貸にして毎月賃料が発生しても、色々経費が掛かってその分が引かれてしまいます。そもそも、借り手が付かないかもしれません。それなら、土地の価値が下がらないうちに売却した方が得です。しかも、家賃滞納などのトラブルや税金の面倒な手続きも、売却した後は一切関係ありません。そんな煩わしさが無くなるのも、売却の利点ではないでしょうか。

参照・・・家を売るか賃貸で貸すかの判断ポイントは?どっちが得?

土地の売却を周りに知られないことも可能??

 

『土地・不動産の売却価格を知る方法』土地売却前にチェック!

 

皆それぞれ事情を抱えて生きています。何らかの事情で、自分が所有している不動産を売らなければならない時もあります。人によっては、できるだけご近所には知られずに、内緒で売りたいと思うこともあるかもしれません。そんなことは可能でしょうか。

 

ここでは、土地の売却に関して説明していきましょう。まず、不動産会社は依頼を受けて土地を売る時に、何種類かの広告活動を行います。どんな広告活動をするかによって、近所に内緒にできるかどうかが決まります。

 

普段行っている広告活動はまず1つ目はレインズに登録して日本中の不動産会社に向けてその情報を発信することです。次は、インターネットの自社のサイトや不動産物件情報のサイトなどにその情報を掲載します。次は、新聞の折り込み広告やチラシのポスティングなどの郵便による広告活動です。これらはどれも広くその情報を発信して、一人でも多くの人にその土地のことを知ってもらおうとする広告活動です。

 

ですから、ご近所の人達にこちらが土地を売却しようとしてると知られてしまうので、これらの広告活動は行いません。しかし、もうひとつの広告活動が残されています。それは、店頭での紹介です。これは、例えば、不動産会社を訪れたお客さんに物件を紹介したり、その不動産会社の以前からの顧客に紹介したりします。つまり、不特定多数に広く情報を公開するものと比較して、ある程度人数も限定されるので、ご近所の人達にも知られずに済みます。

 

ただしこの方法だと、多少時間は掛かってしまうというのは覚悟しなければなりません。もし期限が決まっていて、その時までにどうしても売りたいと思うなら、不動産買取を利用することもできます。これは、不動産会社に直接買い取ってもらう方法で、誰にも知られずに契約してすぐに売却できます。ただし、市場価格より低くなってしまいます。このように、ご近所に内緒で土地を売ることは充分可能ですが、時間がかかったり安くなったりと、多少条件が付きます。それを理解して売却しなければなりません。

両手仲介は違法ではない。ですが・・・。

 

『土地・不動産の売却価格を知る方法』土地売却前にチェック!

 

所有する土地を売却する時は、不動産仲介業者に買主を探してもらうことになります。仲介手数料を惜しんでオークションを利用したり、自分で買主を探そうとする人もいます。しかし、不動産の売買には様々な決まりごとがあり、知識のない人同士で進めるのは危険です。後々トラブルにもなりかねませんので、仲介業者を挟むのが無難です。

 

仲介手数料は、成約代金の3%プラス6万円が1つの目安です。法律で上限を決められているのですが、ほとんどの仲介業者が上限いっぱいの手数料を取っています。3000万円で売れたとすると、100万円近くになります。売れた代金全額が懐に入ってくるわけではないことを理解しておきましょう。

 

不動産の売買では、当然ながら売主と買主が存在します。仮に土地の売却をA社に売主が依頼すれば、売主はA社に仲介手数料を支払います。そして買主を見つけたのがB社であれば、買主はB社に仲介手数料を払います。これを片手仲介といいます。それに対し、売主、買主双方の窓口がA社だった場合、売主、買主双方がそれぞれにA社に対して仲介手数料を支払います。買主の手数料も同額ですので、3000万円の土地なら仲介会社は一気に倍の手数料を手に入れることになります。これを両手仲介といいます。

 

両手仲介は、違法でもなんでもありませんし、利益を追求する不動産会社が少しでも多くの手数料を得ようとすることは悪いことでもありません。しかし、何が何でも両手仲介を狙う会社は避けたほうがよろしいでしょう。売主にとって利益になることは1つもありません。

 

たまたまA社が買主を見つけ、結果的に両手仲介になるのは構いません。しかし、両手仲介に固執する会社は、他の会社が見つけてきた買主を勝手に断ったり、意図的に他の会社に分からないように情報を隠したりします。そして、相場より安い額であっても、自社で見つけた買主と契約することを強く勧めてきたりもします。もっと良い買主に売却できる可能性を潰してしまうことになります。

不動産オークションも今後は利用者が増える?

 

『土地・不動産の売却価格を知る方法』土地売却前にチェック!

 

活用出来ていない土地を所有している人は、そのまま放置していると勿体無いと言えます。というのも土地等の不動産物件は、何もしていなくても所有しているだけで、税金等のお金を取られる事になるからです。なのでどうせ使わないなら、その土地を売却して、活用したいと思ってくれる人に譲った方が良いし、お金も手に入るので得だと言えます。

 

ただしそんな風に不動産売却を成立させるには、当然ですが、その土地を欲しいと考えている買い手を見付け出す必要があります。ですが普段の生活の中で、土地を欲しいと考えている人と出会う機会というのは、なかなかないものです。だからこそ、不動産物件を売却するとなると、売り手と買い手を結び付けてくれる、仲介役として、不動産業者が必要となります。

 

ただしこの不動産業者というのが意外に厄介で、依頼する業者により、その土地の査定額というのが大きく開きがある事が珍しくありません。しかも高い査定が出たとしても、結局はその金額で買い手が現れずに、売却価格を引き下げる羽目になる事も珍しくなかったりします。だからこそ、出来るだけ高く売却したいと考えている人は、本当に不動産業者に任せて大丈夫なのかと不安になったりするのです。

 

出来ればオークションの様に、欲しいと思う人が欲しいと思える価格で購入してくれるという形の方が安心だったりします。しかも実際に、土地等の不動産物件も、不動産オークションに出して売却する事も可能です。しかも不動産オークションという方法ならば、不動産業者に任せるよりも、より広い範囲の人に売却をアピールする事が出来たりします。

 

というのも仲介業者の場合、その不動産業者に相談に来た一部の買い手にしか情報が伝わらないケースも少なくありません。ですが不動産オークションでは、ネットを介して広く全国的に、不動産物件を探している人にアピールする事が可能です。しかも欲しいと思った人達は即座に入札して、競って行く事になるので、出来るだけ高く土地を売却する事も出来たりします。

更新履歴